ログイン
詳細
KAZ

これはあくまで私の個人の考え方ですが、私は全てにおいて、自分の身体のパフォーマンス、精神状態を最優先させます。 タバコは18年前に辞めて、深酒するのは5年前に辞めました。これ以上飲んだら二日酔いになるな、という境目は、もういいおっさんで、散々深酒で痛い思いもしたのでわかります。 また、それがたとえ推しごとであっても、極端な早朝の(朝5時とか)SHOWROOMとかも見ません。 次の日の仕事のパフォーマンスに影響するからです。 サラリーマンを辞めて、早5年。 調子が悪くて、仕事のパフォーマンスが落ちたとしても、時間提供によってお金をもらえるなんて事は、会社勤め以外ありえないので、身体のパフォーマンスが最優先です。 よって、永遠に分かり合えないアンチも徹底無視。無視無視無視です。 よほどのことがない限り、ブロックまではしませんが、アンチは速攻でミュートします。こちらは精神的なパフォーマンスが落ちてしまうので。 もちろん、アンチと戦っている人たちをどうこういうつもりもありませんし、最終的には法廷で争う覚悟をもってやられている方もいますので、そこまでの覚悟でやられている方は、私には出来ないことなのですごいなあと思います。 ただ、そこまでの覚悟もなく、興味本位で感情的にやられている方は、辞めたほうが良いかと思いますね。 ネット上でアンチ活動している人の中には、一定数異常なまでの攻撃性を持っている人がいます。 場合によっては、最悪、刑事事件にまでなる事もあり得ますので、覚悟なくネットで争い事をするのは辞めた方がいいと思います。 あと相手を論破することによって、快感を得ている人も一定数いて、このタイプの人は論点をずらしつつ、自分を優位に優位に持っていくテンプレートを使っているだけなので、このタイプの人を相手にしても、何一つ得ることがないので時間の無駄です。 最後に、相手にしない方がいいタイプの自分なりの見分け方ですが、ブロックされた事をスクショとともにSNSにあげている人。 こういう人は、かなりの攻撃性を内に秘めている可能性が高いので、相手にしない方が無難です。 755だから書けるひとりごとです😊

前へ次へ
KAZのぼやき
トーク情報
  • KAZ
    KAZ

    当分無理なのはわかっちゃいるけど、やっぱりそろそろ通常の公演も観たくなってきた。

  • KAZ
    KAZ

    由佳ちゃんの舞台の件。

    個人的に舞台に行ったわけではないので、100%の確証はないけど、過去の経験上NGT48のファンの人達がそんな行動をしてるのを見たことは一度もない。

    もしあの捨て垢の言ってる事が全て嘘なら、その中身の人間はかなりの危険人物な可能性があるので、取り扱いは少し注意したほうがいいかも。

  • KAZ
    KAZ

    ただね、NGT48劇場に行くわけではないので、生誕Tとかで観劇するのは、周りから奇異な目で見られるのはしょうがないよ。

    これはあくまでも個人的な意見だけど、メンバーの外仕事の舞台とかを観に行く時は、年相応のちゃんとした身なりで行くようにしてる。

  • KAZ
    KAZ
    投稿画像

    本日は #NGT48 1期生 #小熊倫実 18歳の誕生日🎂

    絶対音感🎶と、誰一人傷つける事がない天使👼のような心の持ち主☺️

    新潟という土地がこういった子を育てるのかどうかはわからないけど、このまま伸び伸びと成長していってほしい😊

    つぐみん。18歳の誕生日おめでとう🎉

    #小熊倫実生誕祭2020

  • KAZ
    KAZ

    NGT48が新潟という土地を選んだ以上、大都市圏のグループと比べて、商業的に厳しいのは最初から分かっていたこと。

    もちろん、個人的に新潟を選んだのは正解だったと思うし、地域に密着した活動ができるのは、地方都市ならではの強みのひとつ。

    ※ちなみにですが、STU48の広島は、規模的にいっても地方都市の枠を遥かに超えている大都市と言ってもいいでしょう。

    ただ、どんなビジネスでも抜けていく顧客がいるのは当然で、その数よりも新規の顧客を多く獲得していけなければ、そのビジネスは衰退するわけです。

    このコロナ禍の時代。果たしてNGT48は今のままの活動でより多くの新規ファンを獲得していくことができるのだろうか❓

    48Gが分社化した2020年でしたが、2021年は各運営会社、とりわけ地方都市に拠点を置くNGT48には厳しい戦いが待っているように思います。

    既存の成功モデルにとらわれることのない、新しい試みに期待します。

  • KAZ
    KAZ

    ここだけの話し、今時あのパーカーのデザインは古すぎる。全く買う気がしない。

  • KAZ
    KAZ

    今のこの状況がさらに年単位で続くとしたら、国内の大人数のアイドルグループでも同じ事が起こる可能性は充分にあり得ます。

    アイドルファンとすれば、かつて当たり前だったあの時代に戻れれば戻りたいものですが、もしかするとかつての日常は、もう戻ってこないのかもしれません。

    個人的には、コロナ禍の時代の新たな可能性を欅坂46のラストLIVEで観たように思いますが、少し前にAKB48がやっていたeスポーツの運動会とかも、新しい試みとしては面白かったと思います。

    いずれにしても、2021年はアイドル業界にとっても厳しい戦いにはなりますが、かつての日常はもう戻ってこないことを前提に、新しいチャレンジをしていって欲しいです。

    JKT48 Special Advisor SKE48元支配人 湯浅洋 on Twitter https://twitter.com/jkt48advisor/status/1348618397148352512?s=12