ログイン

#幻冬舎文庫

関連

  1. #enjoyhome
  2. #中山祐次郎
  3. #泣くな研修医2
  4. #見城徹
  5. #幻冬舎
  6. #原作は大鐘稔彦氏著書の孤高のメス
  1. 吉田真悟 昔の名前で出ています。私は真悟

    No.455
    『逃げるな新人外科医
    -泣くな研修医2-』
    中山 祐次郎 著
    (2020/04/03 幻冬舎文庫)

    2020/04/12(4/10読了)
    現役の医師である中山祐次郎氏の小説第二弾。これで新書3冊と小説2冊を読んだ事になる。前作から2年が経ち、雨野隆治は3年目の後期研修医となり消化器外科で絶賛修行中である。相変わらず真面目で人に優しく、傷つきやすく、放っておけない面倒なやつ。

    前作読了後に「隆治の圧倒的な成長を私は見たい。そして岩井医師や佐藤女医の苦悩や葛藤、その経歴をもっと深く知りたい。」と書いたが、残念ながらそれらは次作以降に持ち越された。隆治はまだまだ手探りで医者としての道を匍匐前進中であり、人としても完璧な佐藤女医の過去も語られなかった。😅一体、どうやったらこんなに素敵な外科医が出来るのだろう。とにかく登場する女性がみんな魅力的である。(意地悪な一人の看護師を除いて)

    医療現場の過酷な生々しいリアルさは相変わらずで想像すら出来ない医者の日常が続く。ここには荒唐無稽な失敗しないスーパードクターは出てこない。むしろ失敗の数々がここまで書いて良いのか?とばかりに綴られる。

    はたしてどちらが自分にとって感動し大事か?は明らかである。

    とっとと次作を書いてね、先生。

    献辞のHYさんもきっと待ってる。

    【登場人物】
    雨野隆治:3年目の後期研修医、牛之町病院勤務。
    佐藤玲:先輩医師
    岩井:指導医
    はるか:隆治の彼女?
    吉川佳代:評判の良い看護師
    西桜寺凛子:後輩研修医
    佐久間:意地悪な看護師
    川村:同僚医師、耳鼻科医
    水辺:S状結腸がん患者

    【引いた言葉】
    荼毘(だび)とは、遺体を火葬して弔うことを表す仏教用語である。漢語では梵焼(ぼんしょう)などと表記される。荼毘という語の由来は、インドなどで使われるパーリ語のjhāpeta(燃やす)である。
    通常は「荼毘に付(ふ)す」という形で使われることが多い。

    #泣くな研修医2
    #中山祐次郎
    #幻冬舎文庫