ログイン
詳細
前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    無知の恥無知の恥
    投稿画像

    「隣人の愛を知れ」読了致しました。
    はじめは登場人物が代わる代わる登場し、混乱しながら読みましたが、後に全て繋がっていきます。
    こんなの出来過ぎだろうと思うぐらい偶然が重なるのですが、実に面白い小説でした。
    文体が優しくとても読みやすいのも◎。
    途中、登場人物がみんな不幸じゃないか!と思いながら読みましたが、最後は希望のある終わり方で清々しい気持ちになりました。
    今朝、見城さんがお読みになるとのご投稿を拝見し、すぐにKindleで購入しましたが、読んで良かったと心から思える小説です。
    是非、皆様もお読みください。
    見城さん、素敵な作品をご紹介いただき誠に有難うございました。

  • 見城徹
    グリーンマン١レポートグリーンマン١レポート
    投稿画像

    [隣人の愛を知れ]
    尾形真理子■幻冬舎文庫

    ◆不倫と仕事に一生懸命なパラリーガル、初恋の相手と同棲を続けるスタイリスト、夫の朝帰りに悩む結婚3年目の妻…。誰かを大切に想うほど淋しさが募る彼女たちの日常は、予想外の“事件”をきっかけに一変する。自分で選んだはずの関係に、どこで決着をつけるのか?素直になる勇気を得て、新しい人生へ踏み出す6人の軌跡を描いた恋愛小説。
    ------------------------------------------------------
    序章を除くと6章で構成されており、各章、6人の登場人物のストーリーが一節づつ、順繰りに綴られていきます。

    一節、一節、余韻が強く残ります。

    映画には

    あ、ここで終わるんだ。

    と、一瞬、尻切れとんぼに思えた後、だからこそ強い印象が残ったなと感じる作品があります。

    そういった様々な余韻の[未完の完]の物語が連続していく印象です。

    さらに次節を読み進めていくと、前説の意味がより効いてくる形で、ポジティブからネガティブに寄ったり、または完全に一変して、6人の女性達のドラマが、確かに深みを増し、醸成されていきます。

    見城さんの

    『言葉の凝縮力と持続力という矛盾する2つを軽やかにアウフヘーベンする』

    という言葉を、適切ではないかも知れませんが、私なりに感じました。

    序章に綴られた[ひかり]の思いが、沁みてきます。

    ■毎日欠かさず、この坂を上がっていく。

    上がり切らないと自分の幸せは戻ってこない。
    -------------------------------------------------------------------
    坂から見える景色は、次第に変わっていき、上り切って初めて、全容を知る事が出来る。

    上がった先が、良いか悪いかは分からない。

    坂は人それぞれあると思います。

    そんな事を考えさせてくれる小説でした。

  • 見城徹
    みつおみつお
    投稿画像

    「隣人の愛を知れ」

    周到に準備されたオムニバス小説だと分かっていて、見事に嵌まってしまいました。でも、ヨウだけは登場した時にピンと来ました、何故か。

    あと、関戸正高が好きだな。高名な映画監督なのに、「自分の言っていることが、破綻していると分かって」いても妻に「別れないって…言ってくれ」とすがる情けなさが。

  • 見城徹
    見城徹

    おはようございます。アップダウンが激しいコースを歩き通して久々に脚が筋肉痛。上半身も硬い。久々の旧軽井沢ゴルフクラブ。スコアは101。5番のミドルを5パットで9打したのと、11番のミドルで2打目を空振りして動揺したのが痛かった。パーは3つ。ゴルフは中々、上手くならない。

  • 見城徹
    見城徹

    昨日、思った。旧軽井沢ゴルフクラブは日本人のメンバーが殆どいないハワイの名門オアフカントリーと似ている。

  • 見城徹
    見城徹

    足腰が大丈夫なうちに早くワイアラエ・カントリークラブやホアカレイ・カントリークラブを廻りたい。コロナさえなければなあ。僕の中ではホアカレイは世界No.1のゴルフ・コースです。

  • 見城徹
    オジトモオジトモ
    投稿画像

    私も昨日軽井沢に行ってました♪
    写真は竜返しの滝。天気も良くて暑いくらいでしたが、カラッとしていて風が気持ち良かったです。やっぱ軽井沢は良いなぁ…